【バレエオーディション】現役留学生・就活生の海外のオーディション情報サイトまとめ

【バレエオーディション】現役留学生・就活生の海外のオーディション情報サイトまとめ

 

オーデションに参加して、海外のバレエ団に所属する。

バレエダンサーを目指す人ならば、誰もが考えることでしょう。

しかしながら、まず何をすればいいのか、どのように正確な情報を集めればいいのか、

海外のバレエ学校に在籍していても、初めは中々はっきりと理解できないことと思います。

私・奴(やっこ)のバレエオーディションへの参加経験から、

現役就活生が、オーディション参加のためにまず何をするのか、またどのようなサイトにて情報収集を行っているのかまとめました。

 

まずはネットで団員募集・学生募集の情報を確認する

 

と、言われても漠然としていてピンとこないものでしょうか。

ネットは広いですし、その中からどうやって未知のオーディション情報を探し出せばいいのかと、自分も最初は途方に暮れました。

例えば、一つ一つのバレエ団・バレエ学校のホームページに訪れて確認するというのは、

今は知らないバレエ団の情報を見落としてしまいますし、とんでもない労力がかかります。

また、そもそもネットで得るオーディション情報とは正しいのか?

そこで、情報元のウェブサイトと共にバレエ団の募集内容を載せている「まとめサイト」に着目します。

それも英語で書かれた海外のまとめサイトです。

そこには、近日にオーディションを予定している世界中のバレエ団の情報が記載・日々更新されています。

日本語でまとめられているサイトもあるのですが、それでは海外の細かなオーディションの情報を逃してしまいます。

ですから、より多くの募集に気づくために、複数の海外のサイトをチェックすることをお勧めするわけです。

またバレエ団のものだけでなく、研修プログラム、いわゆるTrainee Program(トレイニ―プログラム)の情報も載っています

学校への入学は一般的に若い年齢の人物が好まれますが、

今まで日本で鍛錬を続けており、これから海外での経験を積みたいと考える方も、こちらのまとめサイトを利用して、オーディションに参加してみるのもいいでしょう。

では、奴(やっこ)の所属する海外バレエ学校も認めるまとめサイトとは、どのようなものでしょう。

今度こそ本当に身につく英語力を3ヶ月で【産経オンライン英会話】

実際に利用している情報サイトの紹介

これからサイトの紹介をするのですが、

その前にまず、それぞれのサイトで具体的にどんな情報を知る必要があるのか、理解しておきましょう。

まとめサイトにて収集するべき情報

  • バレエ団の名前と場所
  • 契約の形態 (契約期間)
  • 必要としているダンサーの種類 (女性/男性やクラシック/コンテンポラリー、身長規定
  • オーディション申請の締め切り日
  • オーディションの行われる日時と場所
  • 申請のメールを送るべきバレエ団人事のメールアドレス
  • バレエ団のホームページ・公式ウェブサイト

[注.バレエ団の場所について]

国がどこかというのは、非常に重要なことです。

というのも、国によってはビザ取得が難しいところがありますし(最近はアメリカ・イギリスなど)、

他にも国の経済状況によっては、いただく給料が(その国での生活は困らないが)日本円換算でとても少なく、いつか日本に帰国した際に困る、ということがあり得るからです。

バレエ団のことに加えて、その国の内情まで少し調べることが出来れば、ベストです。

[注.必要としているダンサーの種類について]

我々日本人、特に男性はこの身長規定についてしっかり把握しなければなりません

ヨーロッパのバレエ団は特に背の高い男性を必要としているので、明記されている身長に達しているかを確認しましょう。

また女性の場合も同様に、規定を超えていないか、達しているかをしっかり確認してから、参加を決定してください。

[注.オーディション申請の締め切り日について]

申請の締め切り日は、指定されているところと、指定されていないバレエ団があります。

もし Deadline/Deadline for Applications などという記載のあった時には、

その期日までにCV・カバーレターを送るなど、オーディションの申請を済ませるようにしましょう

[注.バレエ団のホームページ・公式ウェブサイトについて]

これは、バレエ団ごとにリンクが貼られていると思います。

実際にバレエ団のサイトに移動してみて、そのバレエ団の方針を理解しましょう

ホームページでは、メニュー欄を開き、Repertoire(レパートリー)など公演に関する項目を開くことで、大体の作品の内容を知ることが出来、バレエ団の種類を把握することが出来ます。

ただ、時折ウェブサイトのリンクが添付されていないことがあります。

そういう場合には、バレエ団の名前を検索することで発見できると思うので、毎回ホームページを確認するようにしましょう

balletcompanies.com ー幅広い情報

リンク(オーディション情報):balletcompanies.com Auditions Worldwide

上記のリンクに移動すると、以下のようなページになっています。

一番幅広い世界のバレエ団の情報がまとめられているサイトです。

ヨーロッパ・アメリカ・アジア……。

禍々しい配色により閲覧しにくい点を覗いて、情報を集めるのに一番適していると考えています。

自分の所属するバレエ学校でも紹介していました。

まずはこちらのサイトを日々確認してみましょう。

世界のほとんどのバレエ団のホームページリンク集がある

リンク(ホームページ):balletcompanies.com

上のリンクからこのサイトのホームページ移動すると、ページの底の方に下のような国名が並んでいる欄が発見されます。

国選択することで、国ごとのバレエ団の名前が表示され、バレエ団名をタップすることで、それぞれのホームページを訪れることが出来ます。

年中ダンサーを募集しているバレエ団に関しては、オーディション情報として浮上しないことがあるので、

気になるバレエ団の求人は、ウェブサイトで確実に確認しましょう

au-di-tions.com ー見やすく、細かい

リンク(バレエのオーディション情報):au-di-tions.com ballet

リンク(ホームページ):au-di-tions.com

一番上のリンクに飛ぶと、下のようなページになっており、最新のオーディション情報を所得することができます。

一つ一つのオーディション情報が細かくまとめられているサイトです。

先ほど紹介した「balletcompanies.com」と合わせて、こちらでも常に最新情報をチェックするようにしましょう。

自分は、一番細かくバレエ団の情報を乗せているサイトとして愛用しています。

またメニューを開くと、下の写真のように様々な項目が現れ、自分の正に探したい求人情報を絞り込むことが出来るようになっています。これは便利ですね。

Dance Europe ーヨーロッパに特化&学校の情報

リンク(Auditions&Jobs):Auditions&Jobs – Dance Europe

ヨーロッパのオーディションに特化したサイトです。

とても見やすく、募集内容を詳しくまとめてくれています。

ヨーロッパの情報に注力しているだけあって、他のサイトでは公開されないオーディション情報が載っていることが度々あるので、ヨーロッパでの活動を考えている方は要チェックです。

加えて、メニューを開き、「Where to Study Dance」を開けば、下の写真のページにて、各国の主要なバレエ学校の情報を集めることが出来ます

海外バレエ学校への留学を考えている方は、ここで細かなバレエ学校を調べるといいでしょう。

またこちらのサイトでも、「Company Links」というページにて、国ごとに主なバレエ団のホームページのリンクが貼られています

NetworkDance ー追加で確認しよう

リンク(オーディション情報):Network Dance Ballet Company Auditions

他のサイトに加えて時々確認したいサイトです。

何かに特化しているという訳ではないのですが、

他のサイトで見落としたオーディション情報が無いように、再確認するためにたまにチェックするようにしています

 

総括

いかがだったでしょうか。

今回の記事が皆様の役に少しでも立てたならば幸いです。

ここではおすすめの「まとめサイト」について紹介しましたが、

これからも他の記事にてバレエダンサーの就活・留学を手助けするような情報を書いていきたいと考えています。

おっと出番のようです。

ではまた。

今記事のまとめ

  • オーディションへの参加、まずは海外のオーディション情報まとめサイトで情報収集しよう
  • 上にまとめた確認するべき情報をくまなく把握しよう
  • 随時更新される情報を逃さない為に定期的にサイトをチェックしよう
  • 複数のサイトを訪れるようにしよう
  • それぞれのバレエ団のホームページに移動して、内容を理解することしよう
  • お勧めのサイトは「balletcompanies.com」「au-di-tions.com」「Dance Europe」「Network Dance