入国から宿舎まで – 空港編|カナダナショナルバレエスクール・サマープログラム

入国から宿舎まで – 空港編|カナダナショナルバレエスクール・サマープログラム

どうもこんにちは、奴(やっこ)です。

僕は今夏、07/02/2019 ~ 07/26/2019 の約4週間に開催された、カナダナショナルバレエスクールサマープログラムに交換留学生として後半の2週間に出席しました。

オーディションも兼ねているこちらのサマーコース、参加を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですので、今回は自分の経験を踏まえ、現地での様子を項目ごとに分けて詳しくお伝えしようと思います。

参考にしていただけると嬉しいです。

File1.空港の入国審査

13時間という苦行のような長旅を終え、トロント・ピアソン空港にて伸びをします。

先ずは、入国審査があります。

カナダへの入国には、電子渡航認証(eTA)が必要です。下記のページから申し込みをしましょう。↓↓

https://canada-eta.jp/apply.php

 

パスポート提出後には、体躯のいかつい大人に、カナダを訪れた理由を尋ねられます。とはいえ、難しいことは聞かれないので、落ち着いて受け答えしましょう。

僕は今回は、「観光に来た。友人宅に泊まる」(18歳以上)と簡単に答えました。というのも、正直に留学のことを話した場合、詳しい説明を迫られることがあるからです。これは面倒ですし、下手をすると怪しまれかねません。

ですから、上記のような受け答えがおすすめです。案外、簡単に通してくれます。「友人が空港まで迎えに来ている」と付け加えるのもいいでしょう。

しかしながら、18歳未満の方の単身渡航には厳しいので、これだけでは通してもらえません。

若い生徒さんは、確実な入国の為には、両親のサイン入り渡航同意書、出生証明書または戸籍謄本証書などを持っていき、それを提示する必要があります。事前に用意しましょう。また心配な方は、加えてイミグレーションレター(招待状)など、サマーコースに関する書類を持っていくと、説明が楽になります。

と、上述は最も安全な方法として提案させていただいたのですが、それらの書類をすべて揃えるのは大変ですよね。

後日、同時期にサマーコースに参加した友人に聞きましたところ、彼は18歳未満であるのに、それらの書類の提示を求められなかったそうです

下の記事にもあるように、1カ月以内の短期滞在の場合には、同意書などは必要ないこともあるそうです

それぞれのご家庭の判断で書類を作成することをお勧めします。

カナダへの入国に必要な書類に関する記事のリンクを張っておきます。↓↓

 

https://www.canada-ryu-gaku.com/qa/18歳未満の入国に関して/

 

JTBの文書になります。↓↓

https://www.jtb.co.jp/operate/jyoken/ovsform/minors_ca.pdf

 

File2.空港からの送迎

入国審査を抜け、通路を進んでいくと、バゲージレーンに到着します。欠伸を満喫したり屈伸運動したりして根気強く荷物を待ちましょう。

荷物を受け取ったら、関税手続きがあります。ここで必要になるのが、飛行機内で書かれた税関申告書になります。忘れないように、機内で受け取った時にすぐに書いてしまっておきましょう。自分はパスポートの間にはさみ込むようにしています。

さあ、やっとロビーに出ます。

なんとカナダナショナルバレエスクールさんは、空港からの送迎をしてくれるのです。宿舎までの詳しい道のりが分からなくても、これなら安心ですね。

大勢のいる中、待ち合わせに少し不安になりましたが、相手方のほうから声をかけてくださいました。連れられて、タクシー乗り場へ行き、タクシーを捕まえます。移動時間は45分ほどです。事前にトイレに行くなどしましょう。

到着後、料金は自分たちが払います。ただ、カード払いもできるので、現金の持ち合わせがなくても大丈夫です。

空港→宿舎で59.45カナダドル(4790円)かかりました。

また、帰国の際には、宿舎の目の前にタクシーを呼んでくださり、関係者の方が一緒に乗り込んで付いてきてくれます

宿舎→空港の時には、55.59カナダドル(4496円でした。 

今回のまとめ

・カナダへの入国には、電子渡航認証(eTA)の所得が必要

・入国審査では、「観光目的。友人宅に泊まる」(18歳以上)と答えてもよい。

・ただし18歳未満の若い生徒さんは、両親のサイン入り渡航同意書、出生証明書または戸籍謄本証書などの必要書類を提示する。(1カ月以内の短期滞在の場合には、必要ないこともある)

・スクールの宿舎から空港まで、関係者同伴の送迎がある

・ただしタクシー料金は自分持ち。(カード払い可)

 

質問などもお気軽にどうぞ!