<新訳>白鳥の湖[三幕]|概要とあらすじの紹介&小説の掲載

<新訳>白鳥の湖[三幕]|概要とあらすじの紹介&小説の掲載

どうもこんにちは、奴(やっこ)です。

「白鳥の湖」と言うと、バレエの演目の中でも群を抜いて有名な作品ですよね。

バレエに詳しくなくても、この演目だけ知っている、という方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

「チャイコフスキー3大バレエ」の一つに含まれています。

チャイコフスキーにとって、この作品が、初のバレエ音楽の作曲だったそうです。

ヨハン著の童話奪われたヴェールを元に構想が考えられ、

ロシア・ボリショイ劇場の依頼によって作曲されました。(1876年

実は、当初の反響は乏しいもので、

何度かの再演も虚しく、お蔵入りになったことがありました。

しかしその後、プティパやその弟子イワノフによって完成させられ、

チャイコフスキーの没後2年目に再び公演されることになったのでした。(1895年

それから、様々な場所で公演されることになるのですが、

それぞれ振付師によって、その物語が異なっています

そして現在では、ハッピーエンドとバッドエンド、なんと2つの結末が認められています

こうした歴史ある古典バレエ作品「白鳥の湖」

今回は、その第三章・幕のあらすじを紹介するとともに

物語を元に創作した小説 <新訳>白鳥の湖 を掲載したいと思います

小説を読みながら、「白鳥の湖」という物語の内容を楽しく知っていただけると、嬉しいです。

白鳥の湖 あらすじ・三幕

舞踏会にて、王妃が世界各国から集まった何人もの花嫁候補を王子に紹介します。

しかし当のジークフリードはオデットの現れるのを心待ちにしており、気もそぞろ。

そこへ変装した悪魔ロットバルトに連れられて、

その娘オディールがオデットそっくりに扮して登場します。

王子は彼女をオデットとだと思い込み、その場で愛を誓い、結婚を申し込んでしまいます

途端、悪魔たちは本性を現し、高笑いを残して去っていきます。

王子は飛び去って行く一羽の白鳥の影を城外に見ます。

重大な過ちを悟った王子ジークフリードは、

悲嘆にくれながら急いでオデットのもとへ、彼女のいる湖畔へと向かうのでした。

<新訳>白鳥の湖・三幕

派手な装飾の埋め込まれた煌びやかな表皮の生き物たちが絶え間なく大広間に雪崩れ込んでくるので、一団一団を目で追っていた王子は軽いめまいを覚えた。

王妃への深々した会釈を終えると、貴族たちは方々に散らばって互いに個人的な交流を始めた。

普段はうそ寒い広いばかりの空間が、いくつもの小集団に埋め尽くされ、豪奢な活気に満ち溢れている。お陰で、視界にいつも湿った影のシミを残しているシャンデリアの蝋燭たちも、心なしかこぼれ落とす光量を増しているように感じられた。

固い握手を交わして懐古に浸る人らがいれば、なにやら真剣な顔を突き合わせて辺りはばかるような意見交換をしているらしい二人組も見られる。

豪快な笑い声が鞠の跳ね上がるみたいに響いた。つられて、周りの人々が愉快げな吐息を漏らした。

ほとんど全員の男が、磨き抜かれた銀製の酒盃を片手にしている。談話の最中、笑った後に口をつける者が多い。

豪華絢爛なドレスのために男どもより体積の大きいように見える女たち。男の傍らで会話に耳を傾けており、そうしてよく笑うので、折角のつぼみのような赤い小さな唇をハンカチや扇で覆いっぱなしでいる。

王妃と恭しく会話をしていた二人の男が、一人立ち尽くしているジークフリードのところへ近づいてきた。

内片方、痩せぎすの中年の男は知人であった。両目が張り出しているように見え、焦点は忙しなく移動を続けているが、その容貌の割に落ち着いた穏当な話題を好む人物である。

熊のような体躯をした毛深い顔面の方は、幾度か見かけたことはあったが声を聞くのは初めてだった。肺に果物でも詰めているように上体が膨らんでいて、歩く様は有り余る自信を原動力にしているようだった。

肩を角ばらせるような鹿爪らしい挨拶を済ませると、彼らは自分たちの近況を愉快に誇張させて話した。中でも知人の紹介を受けた、豪快な人柄の商人の話した、東洋のまじないの品の逸話は興味深かった。

柔和な吐息と開豁な笑い声を残響させて、彼らはその場を去った。

次に輪を作った男女二組の談笑内容を聞きながら、ジークフリードはあの賑やかな商人に対する羨望を自身の血管中に感じ取っていた。熱を帯びたしこりが素早く全身を巡るのだ。

彼の生活様式やあの人格ではない、満ち足りた様相に至るまでの人生の行程を丸ごと自分にも書き写したかった。

商人の彼は貴人には考えも及ばないような緻密に作りこまれた不自由を細部まで体験しているだろう。だから度重なる困難を克服してきたろう。

かの男は手中の裕福と地位に愉悦するだけの充分な資格を持ち合わせているのだった。

これは巨躯全身にみなぎる可視の自負心が裏打ちしている事実だ。この場からあらためて男を眺めると、資格は逐次の仕草の表層に頑丈に縫い付けてあることが発見された。

空気中に充満している大勢の音声の質が急に変化した。

周囲の視線の先、扉の陰から現れたのは、見慣れない衣装に身を包んだ、遠方からはるばるやってきた連中であった。

赤渕に囲われた黒い生地のラテンの格好をした団体が来る。後には、青とも緑とも判別のつかない中途半端な褪せた色の布を上半身に掛け下げているだけのような集団が、全身を揺らしながら悠々と進行した。

珍妙な行列を眺めながら、ジークフリードは言われていた通りに王妃の傍へと移動した。隣に立つと、王妃は彼の方を向いて、この世の何にも代えがたい動物への慈しみを込めた目尻、口角、鼻孔の形貌をこちらに向けた。

彼自身驚いたほど、王子は王妃に対して愚かしさへの侮蔑を感想した。彼女の愛情はジークフリードにとって疎ましく、あまりにも独りよがりであった。同意を信じた笑顔を浮かべるなど、なんと迂愚だろう。

「娘たちの中から、妃をお決めなさい」

王子の前には、各国から集まった政治的重要位置の娘たちが俯き加減で立ち並んでいる。左から順に観察した。

最後に視線を当てた右端の人物は、握り合わせた手を鳩尾に強く押し当てていた。古びれた黒いカーテン一枚を体に巻き付けたような貧相な格好をしている。異臭を放っている。

小刻みに震わせながら顔をもたげてこちらと目が合うと、汚らしい白髪の老婆は黄ばんだ歯と痩せ切った歯茎をむき出しにした……。

――ジークフリードがこれらの娘の中から妻を決めることは、確実に彼の人生を加速させる。あらかじめ用意された幸福という結末へ向かって威勢よく走り出すであろう。

愉楽を受け入れることをまさか嫌うはずはなかった。むしろ手中に収めたのなら複雑な思考を止めて心ゆくまで堪能するはずだった。

しかしながらジークフリードには、当たり前に仕組まれた幸福に甘んじる未来とは、容認できない醜態なのだった。継承者における幸せなど、牧羊の犬に追い立てられる宿命の値打ちと何ら変わりなかった。

そして最も忌むべきことには、王子の経験するどんなに些細な恍惚感も、礼拝堂に拒絶されて土の上に祈る老婆の醜悪な状態と根本的に等価であるのだった。老婆がそうあったように王子がこうあるだけなのだった。

そうしたわけで、ジークフリードはこの場で順風満帆の保証たる姫君を迎え入れるわけにはいかなかった。

今思えば、白鳥と人間の中間の女、胡散臭いオデットの申し出を受諾したのは、明朗な運命を断ち切るためだったやも知れぬ。しかし彼女はここにはいない。

「母上、私は……」

荒い語調で王妃の提案を無慈悲に張り倒そうとした(困らしてやりたかった)が、身に沁みついた不都合な結果を招く恐れの予期から、感覚的になんとか即座に失速することが出来た。

「――熟慮する時間を頂きたく存じます」

えんじ色のクロスの掛けられた複数の円卓の上を滑り、貴人たちの臓腑の表面を撫ぜる、流麗な演奏が始まった。人々は手を取り取られて優雅に踊り始めた。

つやのある淡青色と雨に濡れた朽葉色が互いの位置の交換を繰り返している。更にそのようにたおやかな回転を続ける各々のペアーが、奥に手前に絶え間なく交差し続ける。

風景を酒気に潤んだ目で俯瞰していると、それは多種多様な色と模様が綯交ぜになった、乾きかけの油彩画を上から擦ったような、賑々しい抽象画として観覧できた。王子をますますセンシティブにした。

娘たちから誘われたが、ジークフリードは気分の悪いことを伝えて全て断った。実際に優れない顔色をしていたのだろう、彼女らは例のあの、行為自体への信仰心に溢れた慰藉の対応をして王子から離れた。

一人、頑として隣から去ろうとしない女がいたが、苦笑よりもっと引き攣った微笑を見せてから王子の方が立ち去ると、追ってはこなかった。

そうして時折談笑に参加しながら杯を傾けるだけしていると、ようやくオデットが見覚えのない一人の男に連れられて登場した。誰の注意を惹くこともなく雰囲気中に音なく潜り込んだ。

王子が歩み寄ったことで、初めて注目を受けた。相変わらず端正な顔つきをしている。それが憎々しいほどであるため、オデットを確認してから最初に漏らす周囲の台詞は、嫌味にしろ驚嘆にしろ先ずは容姿について言及していた。

ジークフリードはまず、オデットの前を歩く不吉な顔をした男にぶつかった。王子よりも背丈が高く、対面する際にあくまで首を傾けようとしない態度が気に障る。そのくせ、王子への名乗りと挨拶は窮屈なほど礼儀を重んじていた。

相手の向かって右側の黒目を凝視していると、ふいに自身の衣服の中に羽虫の飛び込んできて暴れまわる感触が妄想された。なぜか知らないが覚えのある連想だった。

男が退くとすました顔のオデットが現れる。

予想に反して漆黒のドレスを纏ってきていた。首回りに膨らんでいる夜中の雲のような羽毛だけが、彼女という不可解な生物の特徴を表している。

このささやかな裏切りはジークフリードの中にロマン小説に見られるような蠱惑的な詐術として威力ある効果を及ぼした。ふわりと浮かび上がりそうな黒が本質の鈍重な白を否定していた!正面の人物の中に押し込められている斥力が魅力だ。

オデットの振り撒く厭らしいほどの色香を嗅ぐ。関係を持つことであらゆる男を落魄させるだろう。潰滅がジークフリードを呼んでいる。

「よろしければ――私と踊ってくださいますでしょうか?」

顎を引くと、舌の渇きが分かった。

他人の息遣いに合わせて足でリズムを打ち起こすことは、王子にとっては小気味良い感覚であった。正しい心得のあることが自慢だった。例えそれがいけ好かない教師の鞭撻の賜物であっても、音楽への身を投げ出すような没入感に勝る感情は存在しなかった。

「あれは?」オデットに訊く。

彼女に伴って登城した鼻頭の高いあの男は、王妃に向かい合っているところだった。

――脈絡なく、昔稽古の過程に、母親をエスコートしたことを回顧した。

「……父です」

「父親?あの場には居なかったじゃないか」

オデットが血の通っていない表情をぐっと近づけた。思慮に欠ける陳腐な行いに思われ、辟易した王子は頭をのけ反らした。しかしその後の彼女の平然というより無念無想でいるような体の揺らし方を見ると、偶発の出来事のようにも思われた。

どちらにせよはぐらかされそうになったことに思い至った。相手をまじまじ見据えながら声を出した。

「父親だって?本当かよ」

目に見えるどの筋肉も反応の為に動かなかった。耳が使い物にならなくなったオデットが浮かべる傀儡のような顔には奥行きが足りない。

ジークフリードはそのことに憤慨せず、むしろ二人の間柄について妙な納得を覚えていた。我々は各々の理由から堕落した将来を粉砕するため、精神の絡み合いを微塵も経験しないまま愛を誓うだろう。

この合致した感というのは、オデットの方もまたこちらに無頓着であることを王子が認知したことで生じていた。この頃になって、後ろめたさを抱えていたことに気づき、先の納得は解放による安堵だったと正式に書き換えられた。

ジークフリードはオデットの手と腰を支点に彼女を振り回した。すると遠心力に負けじと体幹に力を込めるので、行き場を失って伝播した勢いに、今度はこちらが投げ飛ばされそうになる。

力の循環は、彼らに愛とは別の一体感を与えていた。どちらかが手を完全に離せば、他方は弾けて危険な速さで放り捨てられるのだ。回転のために歪んで濁っている背景が二人を外界から隔て、彼らだけの輪郭線を太く濃くしているのだ。

「――私のために愛を誓いますか?」とオデット。

「ああ。そうだな」

男と王妃がこちらに向かって歩き近づいてくる。

「ねえ、聞かせてくれる?」

錯覚しかけていた二人の親密を霧散させる固い意志を込めて王子は言った。

「君に愛を誓う」

途端、視界の隅の王妃の傍の男の口が不気味に拡張した。口角が顔の枠を超え、男より後ろの景色を丸ごと飲み込んでしまった。

次に起こったことは、爆発音の叩きつけだった。高音と低音が同時に認識される断続性のそれは、全身に吹き付ける獣臭い暴風であった。下劣で低俗な悪魔めいた笑い声と分かった。

瞼を薄く開けると、盾のようにした腕の隙間から、一羽の白鳥が飛び立つところが城外に確認された。紛れもなくジークフリードの方がオデットから手を離したのだ。そうして彼女は危ない崩れた体勢で振り飛ばされてしまった。

直感的にそう考えると、胸部に当たっている体温は異様だった。喉を鳴らす甲高い笑いが真下から聞こえてくると、次いで王子は乱暴に押しのけられた。

よろけたのを踏みとどまり、瞼に加圧してしかめ面で垂直に立ち竦む。真っ暗の脳内にこだまする品位を欠いた悲鳴と咆哮は互いに干渉し合ってごみのように積もっていく。体内の居心地はどんどん悪くなった。

耐えがたいまでになった無秩序を振り切って逃げるように目をかっぴらいた。布を裁断した音が耳元にして、雑音の旋風は切り捨てられた。甚大な喪失感が王子の心臓を圧迫し呼吸を詰まらせた。こめかみの汗を感じながら、彼はまだ動けなかった……。

視界にも悪事の形はちっとも残っておらず、何事も発生しなかったかに思われたが、大広間の扉に群がる遁走者たちと、それを押しのけて入る衛兵たちを見ると、物事が決着したような腑に落ちるところがあった。

そうして理解したところで、ジークフリードは未だ外部に迎合しようという素振りすら見せなかったが。どころか、己だけが乗馬して世界を見下ろしているような上々の気分になっていった。余計に積極的に冷静になった。

母親は腰を抜かして地べたに尻を落としていた。すぐに助け起こされた。そのまま運ばようとする途中に衛兵たちの付き添う力に抗い、首を思い切り捻じってこちらを見た。男たちを引っ張るようにして息子の方に方向転換した。

言葉に先行して表情の中に伝えんとする内容が込められている。

狼狽した瞳、恐怖に膨らんだ鼻、緊張して持ち上がった耳、血色がまだら模様に戻ってきている顔を見て、ジークフリードにはしみじみした達成感があぶくを立てながら湧き起った。遂に不可逆の暗い世界が彼を包み込んだのだ。

それと同時に暴力的なほど気焔万丈になっていった。腹の底から温かい震えが伝わってくる。母親の顔つきが今にも崩れそうな、必死に息子を保護しようという面持ちを浮かべるほど、彼の全筋肉は白熱した。

これは結末ある累積だった。

灼熱に耐えられなくなった時、ジークフリードはがむしゃらに駆け出していた。