<新訳>白鳥の湖[一幕]|概要とあらすじの紹介&小説の掲載

<新訳>白鳥の湖[一幕]|概要とあらすじの紹介&小説の掲載

どうもこんにちは、奴(やっこ)です。

「白鳥の湖」と言うと、バレエの演目の中でも群を抜いて有名な作品ですよね。

バレエに詳しくなくても、この演目だけ知っている、という方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

「チャイコフスキー3大バレエ」の一つに含まれています。

チャイコフスキーにとって、この作品が、初のバレエ音楽の作曲だったそうです。

ヨハン著の童話奪われたヴェールを元に構想が考えられ、

ロシア・ボリショイ劇場の依頼によって作曲されました。(1876年

実は、当初の反響は乏しいもので、

何度かの再演も虚しく、お蔵入りになったことがありました。

しかしその後、プティパやその弟子イワノフによって完成させられ、

チャイコフスキーの没後2年目に再び公演されることになったのでした。(1895年

それから、様々な場所で公演されることになるのですが、

それぞれ振付師によって、その物語が異なっています

そして現在では、ハッピーエンドとバッドエンド、なんと2つの結末が認められています

こうした歴史ある古典バレエ作品「白鳥の湖」

今回は、その第一章・一幕のあらすじを紹介するとともに、

物語を元に創作した小説 <新訳>白鳥の湖 を掲載したいと思います

小説を読みながら、「白鳥の湖」という物語の内容を楽しく知っていただけると、嬉しいです。

白鳥の湖 あらすじ・一幕

舞台はドイツに栄えるとある王国の王城。

その日、20歳を迎える王子ジークフリードは、

前庭にて友人たちに囲まれ、生誕記念日の祝福を受けています。

そこへ王子の母、王妃が悠然と現れます。

王妃はジークフリードに祝いの言葉を述べ、彼に狩猟用のボウガンを贈ると、

明日開かれる舞踏会の折に、花嫁を選ぶことを命じます

しかしまだその気のない王子は、物思いにふけって憂鬱な面持ちに

沈んだ思いを晴らそうと、王子ジークフリードは友人たちを従え、

夜の森へと狩りに出かけるのでした――。

<新訳>白鳥の湖・一幕

王子ジークフリードには幸せの資格が必要だった。

彼はそれを揺れるスカートの裾の折り目の奥深くに、また時折こちらを伺う友人の夏空色の瞳の中に見出そうとしていた。

痩身ベナットの撫でつけられた光沢ある金髪には輪郭すら浮かばない。

かと思えば、それはゾフィーアのこめかみに触る巻き毛の穴からこちらをじいっと観察している。

かのように幸福の資格とは、実体も所在も定かにしない、神出鬼没の幻像であった。ただ暗闇と共にあることだけが分かっている。

酔いだした。掴もうとする手を払いのけるように、強引に双眸を天に逃した。

「澄み渡っております」「眩しいんだ」

重く垂れさがったジークフリードの髪が肩の布を擦った。

エルマーは目を合わせる間もなく彼のつむじを王子の前にさらけ出した。会釈していた。

「ご成人なされたことを嬉しく思います。心より祝福いたします」

エルマー個人から受ける祝辞の声調には、いつでも親愛のある敬意が香っていた。

そうか、とだけ答えて柑橘類の匂いを認識しながら、王子は気分の高揚を感触していた。

やり取りを見ていた女二人が近寄ってきた。右は紫、左は卵色をしている。

腰まで持ち上げられ雲のように膨らませられたスカートのおかげで、彼女たちの上体は、軽やかに浮かんでこちらまで滑って移動するようであった。

背の低い卵色が僅かばかり先に到着した。並ぶまで、どちらもにこやかな表情を一度も王子から逸らさなかった。

下半身の地面に溶け落ちるような深い会釈をすると、しなやかに面を上げて王子の成人を祝った。言葉の最後には、必ず空気に粘性の膜を張るような余韻を残した。

ありがとう、ジークフリードの返事は驚くほど底抜けの響きだった。

午後のこの時間には珍しく、風は頬の産毛をそよがせるだけの穏やかな力しか持っていない。

山の裾野がやけに固く見える。その丈夫な一線が、大空を雲もろとも断ち切っているようである。峰の向こうの世界は、不思議と今日は想像し難かった。

眺めていると、背景の中に踊っていた男女たちが、次々と動きの連鎖をほどいていくではないか。そうして近くの男の首を伸ばす仕草が、水辺の鴨そっくりに映った。

やがて彼らの顔つきは、信仰的な尊敬の眼差しを形成していった。

どこへ向ける信仰かと言えば、尊敬すること自体に篤い信仰心があるのだった。エルマー含め(彼は特に)、そういう顔をしている。

そうあろうと理想を置くばかりに、信仰心すら故意に忘れている構造まで、ジークフリードは洞察していた。

やはり王妃が姿を現した。

触れた手の沈み込んでしまいそうな濃度の紫を身にまとっている。

後方に膨らんだ裾の尾が、草の上で小さく跳ねて、衣服全体に微細な振動を伝えている。

一直線にこちらを目指す母親を見て、王子は背中の胃のあたりに力を込めた。

近くなると、ますますこけた頬に影が差し、頬骨が明るく浮かび上がった。このオウトツがジークフリードは苦手だった。彼女の言動に容赦のない印象を付与する。

「楽しんでいますか?」

「はい。このような式典は……もったいないほどの幸せな時間を頂いております」

「もったいないことはない」

導入部分をかすれ気味に出して、二音目にアクセントを持たせる発声の仕方が特徴的である。

だから豊満な胸のあるユリアの呼吸のように、一連の流れがなだらかに波打って聞こえる。

「頑強に育ってくださった貴方のために、これを贈りましょう」

小柄な男は、まるで王妃の背中から排出されたような現れ方をした。

王妃の脇に跪くと、どこも見据えない平らな目をして正面を向きながら、黒い木箱を掲げた。もどかしいほど緩やかな仕草で蓋を開けた。

王妃が両手に受け取ったものは、白く輝くボウガンであった。

周囲のわざとらしい感嘆の声よりも、肩越しに聞こえた息をのむ音の方を意識した。王子はエルマーに賛成だった。

流麗な木製の全身と質量ある黒々した鋼が織りなす調和は危うげで、今にも弾けて洗練された暴力を解き放ちそうであった。

その若気を理解した贈り物は、ジークフリードに珍しく幼い相貌をさせた。幼少の時分から長年欲しがっていたものをようやく受け取ったような、しみじみした感慨がわき起こったのだった。

礼法に則り、工程の多い悠然とした所作で丁寧に感謝を表現した。

その最中、視界の左手奥に、迫りくる人影を感じていた。

終わると、遂に王妃の側まで来た家庭教師が淡々と言葉を紡ぐ作業をした。

「泰然自若とした立派な立ち振る舞いを保たなくてはならない。殿下に失礼はないかな」「大丈夫よ」王妃が答えた。

数年来の付き合いのあるこの教師は、ジークフリードにとって唯一生来的に馬の合わない人間であった。

別段毛嫌いはしないが、相対する度、森の中に裸で立ち竦んででもいるようなむず痒い感覚に襲われるのだ。それはまずうなじから差し込まれ、全身に広がる。

男の秘密主義を気取っている風の人格がそうさせるのだとジークフリードは分析した。生真面目さを表しているすぼまった口元も手伝っているかもしれない。

男は王妃に耳打ちした「言わなくては」

その時、母親の瞳がUの字を描いて振り子のように揺れたのを、王子は見逃さなかった。

茫漠とした鼠色の予感がジークフリードの胸に圧し掛かった。

「明日の舞踏会にて、貴方は花嫁を決めなさい」

瞬時に裏切られた苦い味が上顎から口中に広がった。人の咥内はここまで敏感に動揺を反映する場所であった。

事前に聞き及んでいた話と違った。つと、この場での宣言に融通の利かないことを思い出して、

「それは――」

家庭教師の突き出した羊皮紙に制止される。

本当は直前に反抗する気を収めていたので、男にたしなめられたような恰好が王子には大変不本意だった。

睨みながら紙を受け取ると、中身を見た。舞踏会について、王子の妃の選別の行われるだろうことが明記されていた。

念入りに読んでいる間に、いなかった人物はその場を去って、周囲の空気は元通り雑然とした肌触りを取り戻していた。

ジークフリードは一人、発熱した手でボウガンを握っていた。

ほの白い月光に当てられた木々の幹が、血を抜いた後の美しい女の顔のようだった。

屈強で荘厳な自然に対して、この月明りの下では誰もが繊細な感じを覚えた。

草木のそこかしこに蔓延る暗闇は蠱惑的で、ジークフリードは誘惑されるままに森の奥へと分け入っていく。

「殿下」

エルマーに呼び止められ、ようやく後方に数人の存在を思い出した。

ジークフリード含め、全員が肩で息をしている。不規則な呼出音の重なり合いが、樹葉の海の表面をなぞって、すぐに奥底へと染み込んでいく。

先に息を整えたジークフリードが顔を上げると、透き通るような色調だった空は、今や単なる黒塗りの天井に変貌していた。

我々の世界を巨大なクロッシュで閉め切っている想像を起こさせた。

妄想は、ジークフリードの心に運命的な暗い願望を植え付けた。