バレエレッスン前のウォームアップマッサージ

バレエレッスン前のウォームアップマッサージ

どうもこんにちは、奴(やっこ)です。

今回は、バレエダンサーの自分が実際に朝のレッスン前に行っている簡単なウォーミングアップの方法について紹介したいと思います。

こちらは、現在留学中のバレエスクールの先生に教えていただいたものです。

彼の現役中に、毎朝行っていたと言います。

その後のレッスン時の体の調子も踏まえて書きます。

その1.レッスン前にはどのようなウォームアップが理想的か

ウォームアップの理想がどうあるものなのか、誰しも考えたことがあると思います。

何をどう行うかによって、その後のレッスンに少なからず影響を及ぼします。

もちろん、影響の度合いや、温めるべき部位には個人差がありますよね。

それでも、ウォームアップマッサージの原則の一意見として参考にしていただければ幸いです。

まず第一に、ウォームアップに柔軟は必要ありません

むしろ自分の学校内では、ほとんど教師たちが口を揃えてしないことを推奨するくらいです。

どうやら するべき派 と しないべき派 の論争が長年続いているようですが、ここではしないべき派を紹介します

そもそも自分は、随分前からウォームアップに過度な柔軟をしないようにしていました。

というのも、柔軟をした後のレッスンでは、体の筋肉が弛緩し、上手く力が入らないことが多々起きたからです。

この経験には共感を覚える人もいるのではないでしょうか。

また、体の温まっていないときに柔軟をすると、体に負担もかかります

朝の柔軟の時に体に残る、筋の張ったような感覚が僕は嫌いでした。レッスンの時にそれが残っているのは嫌ですよね。

そのため、僕の所属する学校では、本格的な柔軟は、

バーエクササイズのロンドジャンプアテールのあとに行うことにしています。

じゅうぶんに体が温まってから行うことが重要です。

それ以上に体を柔らかくしたい方の場合は、レッスンとレッスンの合間、もしくはレッスン後に行うようにしましょう

 ダミー

そして柔軟の代わりにすべきこととは、ウォームアップマッサージです。

朝の寝ぼけた体をほぐして、きたる激しい運動に備えます。

またマッサージの後には、軽い筋トレや、プリエ・タンジュを簡単に行うことをしましょう

筋膜を緩めて表層を温かくした後に、内側から筋肉を温かくすることが重要です

それでは、非常に簡単ないくつかのウォームアップマッサージを紹介します。

その2.ウォームアップマッサージ

まずは、内もものマッサージです。

前腕の骨を内ももの筋に強く押し当てます。体重を思いきり乗せるといいです。

前腕の位置を膝の付近から付け根までずらしながら、全体を満遍なく解していきます。

自分はこれがとても痛いです。痛みに耐えながらマッサージをしているだけで、体がポカポカしてきます。

今度はふくらはぎの裏側をマッサージです。

ふくらはぎの筋の通っている部分を親指で強く指圧します。

足首の近くから、ふくらはぎの上部まで親指の位置をスライドしながらマッサージしていきます。

固く凝り固まっている部分を探りながらほぐしていきましょう。

躍動感のある写真ですね。

ふくらはぎの次は、脛にある筋肉をほぐします。

固めた拳を脛の外側に振り下ろします。

叩く際のコツとしては、骨に振動を与えるように叩きましょう。中心を震えさせることで、内側からお肉が温かくなります

これはジャイロキネシスでも紹介された方法です。ぜひ試してみてください。

これも叩く位置を変えながら、脚全体をほぐしていきましょう。

最後に脚の末端、足首と足をほぐしていきます。

上の写真のように足の指と手の指を組み合わせることで、足全体をマッサージできます

反対の手で支点になる足首を抑え、一方の手で足首を大きく回しましょう。

時折回す手を止めて、かかとから指先までを目一杯ねじるようにすると、とても気持ちがいいです

これらを片足ずつ行います。以上がマッサージになります。

非常に単純なマッサージですよね。

心配になる方もいるかもしれませんが、これだけでも十分に筋肉が目覚めてくれます。

自分はこの後立ち上がって、バーに向かってプリエ・タンジュを簡単に行うことにしています。

上述のものを基礎として、日によって、体の状態を感じながら様々なウォームアップエクササイズを組み合わせると良いでしょう。

今回のまとめ

・ウォームアップに本格的な柔軟は必要ない。(するべき、と考える先人もいる)

・本格的な柔軟はロンドジャンプアテールの後に組み入れたり、レッスンの後に行ったり、体が十全に温まってから行う

・説明した筋と筋肉のウォームアップマッサージと、軽い筋トレやプリエ・タンジュを組み合わせて行うと良い。

日ごとの体の状態を感じながら、様々なエクササイズを取り入れるようにすると良い